2007年04月30日

よりみち@原宿→恵比寿(2007.4.25)

070425_nme.jpg仕事帰りに原宿に寄り道。蜷川実花さんの写真展を観にいってきました。
久しぶりに竹下通りとか歩いてみたが、平日の夕方なので休日よりは人がすくなめだったけどやっぱり想像よりは多かった。

やっぱり原宿はわかもののまちだー

しかも会場に入る道ビミョーに間違ったし;
写真はおんなのこがたくさん、そしてカラフルでよかった。
もっと見たかったんだけど、無料と写真集出版のタイアップ展だからすぐ見終わってしまったのが残念だったけどね(・・・とかいいつつ、写真集の先行販売を迷いに迷って買わなかった人)。

そのあとついでだから〜ということで神宮前(元・裏原?w)のミルクフェドに寄ってタイガーーーーなTシャツをゲット。

今年もそろそろTシャツの季節だなぁ。会社には着ていけないのが非常に残念だけど。

んで、たまたま電話したともだちがつかまったので恵比寿でお茶。
最近会社でのうわっつらな会話しかしてなくてなんか疲れてたのでちょっと楽になった。ありがとう。
posted by Sa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

映画のひ。

先月に続き、今月も単発で夜バイト。
しんどいので有休なんぞ取ってまったり平日休みを満喫してみました。

最初の脳内スケジュールだと、春の三浦半島まったり日帰りツアー(電車でゆっくり出かけて、昼飯に鉄火丼食って、海見てぼ〜っとする)の予定だったんだけど、今月は先月以上になんだかしんどくて睡魔に負けそうだったので急遽おあずけ。
でも、家に帰って寝るだけじゃ味気ねぇな〜ってことで久しぶりに映画でも観にいってくるか!とちょいと池袋まで行ってきました。

観てきたのは現在のブログスキンにもなってる「さくらん」。
蜷川実花の写真は赤が鮮やかでキレイだったり、女の子のかわいらしさが出てたりして結構好きなんですが、映画の映像でもやっぱり赤が鮮やかでキレイでした。
そして花魁といえば・・・の着物もとにかく派手で艶やかなのがたくさん出ていて面白かった。
そして特筆すべきは椎名林檎の音楽!
先日の「僕らの音楽」オーケストラをバックに歌ってた「錯乱」でゾクゾクした私は、あの昭和の歌謡曲っぽいイントロとかアダルトな感じの音が映像にどういう風に乗っかっていくのかすごく楽しみだったのですが、それが見事にハマってて良かったです。
今回の映画とはまったく関係ないけど、前に出したPV短編映画(?)をちょっと思い出した。
あれはあれでよかったなぁ。。。ストーリーほとんど強引だったけど。

で、肝心の内容は終わり方の消化不良さをぬかせば結構おもしろかったです。
郭という特殊な世界を舞台にしているので当然えろかった。
その時代の人たちはコトに及ぶ時着物を全部脱いでハダカですることはあまりなかったという話をどこかで聞いたことがあったんだが、それもあってか(いや、大人の事情だと思うけど)女優さんのカラミシーンはうまいこと隠れてる(映っても花越しとか、まぁ背中だけとか男の人の手で隠れてるとか・・・昔のロマンポルノか!ってくらいの絶妙な隠れ具合)のが余計にエロさを感じました。見えそで見えないくらいがいいんすかねw。

posted by Sa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

恋に仕事に

061106_2100~0001.jpg今日は夕方から試写会へ。
「プ ラダを着た悪 魔」を観てきました。

主人公の女の子がひょんなことからファッション雑誌の敏腕編集長のアシスタントとして働くことになり、編集長の無理難題に悪戦苦闘しつつも恋に仕事に頑張って素敵な女性に変身していく…と、要約すると女の子版サクセスストーリーってカンジでしたが、主人公の女の子がすごくチャーミングで出てくる衣装を綺麗に着こなしてたり、悪魔こと編集長役のメリル(ストリープ)さんがいろんな意味で格好よかったりで面白かったです。試写会バンザイ☆

いや〜しかし恋に仕事にイキイキしてる女性は魅力的でいい。あたしもガンバるぞ。


写真は今日の晩めし。ライスとカレーとドリンク(は無料券w)で\650。素敵だ。
posted by Sa at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

【映画】寝ずの番

今日は友人に誘われ、夕方から映画を観に新宿まで行ってきました。

今日観たのは中島らも原作、マキノ雅彦(津川さんね)第一回監督作品の「寝ずの番」(R-15)。
最近封切られた映画だからTVの芸能コーナーとかでもとりあげられてたアレですよ、「木村佳乃が××した」とかいってたやつ。(その際にらもさんの「ら」の字も聞かなかったような気がするのは…気のせいだろうか?)

肝心の内容はR-15なだけに下ネタ、ブラックネタ満載(しょっぱなから3文字連発だもんなぁw)で、
先に書いた木村佳乃のシーンとかお師匠さん(長門裕之)の死んだ時のシーンとかは下ネタと笑いが上手いことからまっててオモロかったんだけど、後半になるにつれあんまり下と笑いがからまってなくて、むしろ下ばっかりになっちゃって、別に下ネタを極端に嫌う人種じゃない私だけど「お腹いっぱい」状態というか、
最終的には
「もう良くね?」
と食傷ぎみになってしまいました。

原作を読んでいないから違いとかがよくわからんのだけど、私はどっちかっていうと「有頂天ホテル」とか「みんなのいえ」みたいな所々にこちょこちょと笑いが入ってるやつのほうが好きかな。
でも、映画の場合は原作者より監督の解釈で作っている部分が大きいから、原作を読んでみたらちょっと違うのかな〜とも思ったり。


あと、余談ですが、
お客さんの年齢層が全体的に高かったのが気になったw。
一番弟子とその相手のシーンはきっと回春効果があるんじゃなかろうか。。。と思ったり思わなかったり。

下ネタ連発に抵抗のないかたなら一見。060417_0121~01.jpg
posted by Sa at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

観てきたよ

前々から気になっていたので、ともだちと有頂天ホテルを観に行ってきました。

「みんなのいえ」の時も思ったけど、やっぱり三谷作品はハズレがなくて面白い。
細かいところにも笑いが散りばめてあって、久しぶりに映画館で人目を気にせず大笑いしてしまいました。個人的に役所さんがかなり良かったですが、あと、なぜか西田さんのシーンで出演してないのに竜ちゃんがダブってしまってちょっとツボでした。
キャストもそのキャストの使われ方も豪華だったし、なんたって出る人出る人のキャラが立っていて、か〜な〜り良かったです。
そういえばYOUさんって元々歌手だったなっていうのも思い出しました(失礼)。

やっぱり映画は映画館で観るのがいいねぇ♪
posted by Sa at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

シゴトっぷりにほれぼれ

ビルケンの今期のカタログが家に届いていました。

カタログというのはそもそも店頭とかで配布されていたりする無料のものだというのに、今日届いたものは装丁も丈夫でしっかり、しかもスリーブケース(で合ってたかなぁ?)に入った豪華版でした。これは即で保存決定。


いやぁ、しかしいい仕事してますなぁ〜。


(写真手前:カタログ本体、後:ケース)051012_181101.jpg
posted by Sa at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

好きなCM・嫌いなCM

友達が「ダスキンの茶柱のCMで号泣した」という話をしていた。確かにあのCMはほのぼのした雰囲気で私も好きだ。昔の台所洗剤のCMの老夫婦みたいな感じで(道ばたでダンスしたり、手を繋いだりする訳ではないのだが)、ああいう長年連れ添った夫婦の相手を思う気持ちとか見てるとジワ〜っとくる(^^ゞ

ダスキンのCMでいうともう一つ、同じシリーズのものでお兄ちゃんと妹のCMもあるのだが、そっちもいい。
ストーリーはこちら→ダスキン 兄と妹CM(テキストのみ)
兄弟愛だねぇ・・・と、こちらもホロリw。

あとはパンのCMで、
「それおやつ〜?」
ってずーっと小林聡美さんに聞いてる女の子。
「それ」の「そ」がまだはっきり言い切れてなくて「しょれおやちゅ〜?」みたいな感じがカワイイ(´∀`*)

もひとつ子供つながりだとTEPCOひかりのCM。
テプコちゃんとひかりちゃんっていう女の子が2人で電線見ながら、
「光みえないね〜」「昼間だからだよ〜」
ってずっと暗くなるまで電線を見てるやつ。

やっぱりなんか子供とかお年寄りのCMはなごんでいいなぁ。

逆に嫌いなCMは「ウォーターリングッ(巻舌)」のガムのCM。
「(ガムとかを)音たてて食べるのは汚いからやめなさい」と、しつけられたのであのクチャクチャ…ジュルルルルの音が耳障りで嫌です。実家帰った時うちのおかんも「あのCM嫌い!!」って言ってたなぁ。。。
意図はウォーターリングガムの潤い感を出すためなんだろうと思うけど・・・他に潤い感を出す方法ってなかったんかね?
高橋マリ子ちゃん、結構かわいくて好きだったんだけどなぁ〜(;・∀・)

掃除 ダスキン、コマーシャル作品集
Pasconet 超熟
TVCM | ウォータリングキスミントガム | 江崎グリコ
TEPCOひかり - TEPCOの部屋
posted by Sa at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

パラパラ広告

 そういえば、浅草から帰る時に銀座線に乗ったのですが、ここだったのね前にニュースでやってた「動く広告」って。
民放アテネの女子アナ広告(CM?)が動いてたよ〜。
 パラパラマンガと同じ原理ってことはあのトンネルにはズラ〜っと広告のコマが並んでるのか…1コマずつ降りて見てみたい。

 地下鉄の広告って今までホームと車内にしか無かったから(最近は車外にもあるか、そういえば)コレはかなりいいんじゃないかと思う。電車は外の景色が見えるけど、地下鉄は駅以外はほとんど真っ暗だからその部分を広告に使うのは有効的だし、乗ってる人も楽しめるし。それこそ広告だけじゃなくて駅から駅までで完結するマンガとかショートドラマ的なものやっても面白いと思うんだけどな〜。
posted by Sa at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Art&Culture,Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。