2006年08月05日

心のベストテン第一位はこんな曲だった

Mステでワタナベイビーと竹中直人がブギーバックを歌っていたのを聞いて、久しぶりに元歌が聞きたくなり部屋の音楽ゾーンを探す。

当時の私が買ったのはスチャダラ版のシングルで、オザケン版(この呼び方も懐かしいなぁ…)のシングルを持ってる友達と聞きあったり、ジャケ裏くっつけて一つにしたり(くっつけると写真がつながるのです)と、懐かしい思い出全開になりながら色々探すも・・・

出てくるのはこっちだったり、はたまたコレだったり・・・

お〜い、どこいった〜〜〜〜?おいらの元歌よ。

boggieback.jpg
▲このジャケのアナログ盤が欲しい
posted by Sa at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

エゾ2

リップの途中から雨が降り出してダウン。
おまけにいつもの頭痛までしてきたので、ちょっとテントで寝てから相方が呼びにきたので聖☆おじさんこと、電気×スチャを見に行く。

ちなみにその間の相方はバナナマンがみたい!!とブラックホールまで向かったものの、1hくらい巻きだったか押しだったかで見れなかったらしい。私も見たかったなぁ〜、日村さんの貴乃花の子供時代のモノマネ。


電気スチャも当然のように入場制限のため、外の画面で参戦。
そしてまた雨が降っていたのでカッパ着用。
相変わらず瀧がウケた。「鬼怒川ライン下り」て。
しかも一人だけちっさいしロケットみたい(←相方談)だしw。
んでもって久しぶりに卓球の歌う姿を見かけて少しこみあげるものが。
個人的な期待(太陽にほえろのテーマでスチャダラパーのテーマやらないかなぁ…)は叶わず。がくっ。

最後の瀧の、
「普通のおじさんに戻ります!!」
宣言を聴きとどけて腹ごしらえ@テント。
相方のアホがテントのなかで飲み物こぼして雨のテント内は大慌て。雷まで鳴り出した。


ちょっとの休憩(ザーザー振り)の後、forCAMPERSで電撃。個人的に一番盛り上がったかも。南部ちゃんのピースなパワー(「ちょっとこの光景みたらやりたいことを思い付いた」と両手を両隣りのお客さんの肩にのせさせて「どうだ〜これでちょっと仲いい気分だろ〜」とやらせる。私を含めてあの場のほぼ全員やってた)とギュウゾウの煽りに圧倒された。
もちろん電撃といえば・・・の♪ダンダンダンダン…♪に合わせて両手動かしもしっかりやった。
この後はケムリみて今日はシメ。


↓ただいまスタンバイちぅ
050820_005501.jpg


ケムリはきちんと見たのが今回初めてだったけど、今回のでかなり好きになった。
始まりだして早々からのモッシュ・ダイブの嵐は私が初めて行った時のエゾのサンステージみたいだった(当時はサンステージにモッシュピットがあった)。昼だったら確実に水撒かれてたよなぁ・・・。

今日のラストということでアンコールにも応えてくれたり、かなり満足の時間でした。
満足ついでに豚汁食っちまった。とんじる( ゚Д゚)ウマー


(2005.8.29.加筆訂正)
posted by Sa at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

エゾ

050819_121701
以前からさんざん書き続けていたエゾロック(RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO)に参戦。今年は初めて一日目から参戦だ〜〜!!


なんだかんだ言って私はエゾ2回目の2000年、2002年に次いで3度目の参戦。
始まる前からドキドキワクワクはしているのですが、毎回バスから降りてこの入り口に立つ度キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!と大興奮してしまうのでした。
そして今年のトップは初めて行った時と同じ、スカパラだったのでスカパラ好きの私はさらに興奮度もアップ。
(写真右:入り口。フェスはここから始まる。)


★ ☆ ★ ☆



ただいまスカパラ終了!!やっぱりいつみても渋かっこいい。
始まってすぐの時ちらっと関係者ゾーンみたらリップのスーさんとリョウジくん発見しちゃったよ。
谷中さんの、
「ここに来ないと夏が始まらないし、終わらないんだよ!」
に周りのボルテージも上がるあがる。
それまでの重いくもり空もとんで、晴れ間まで出てきてしまった。


次はリップ。
客層がビミョーに違う。
ミュールにスカートの場違いちゃんとか(もちろんフツーの子もたくさんいたけど)。
しっかしよくそんな格好でくるよなぁ。。
この子たちはフェスを楽しみに来た訳じゃないんだろうな〜と思っちまった。街の中でやるライヴじゃねーんだからよ。
とか思いながらサンステージでリップを待つ私と相方(弟)w。

なんだかまた重い雲が垂れ込めてきたなぁ。。。

050819_155202.jpg
▲サンステージリハ中。今年のロゴはこんな感じ。


(2005.8.27.加筆訂正)
posted by Sa at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

3年半ぶりだよ!

真心ブラザーズ復活&ROCK IN JAPAN FESTIVAL出演を発表 - bounce.com [ニュース]

キタ━━━━ヽ(??∀?? )ノ━━━━!!!! ついに真心活動再開☆★
頼む、頼むからジャパンフェスだけじゃなくてエゾロックにも出てくれ〜〜っ!!

あいかわらず2人のコメントがいい味出しててよかった。
とくに留守電のくだりなんて実際電話を聞いた訳でもない(当たり前だ)のに浮かぶのが不思議w。

今後のスケジュールに期待だな♪っちゅーことでbounce.comに初トラックバックしてみたり。


Sony Music Artists : 真心ブラザーズ(事務所のインフォメーションページへジャンプします)
posted by Sa at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

カバンパンパン♪

なんだか聞き覚えのある歌声がCMでやたらかかってたので、そのバンド(?)名を検索をかけたらここへ行き当たりました。
ぶっちゃけ、大好きですw。


マイナスターズ



個人的にジラフが(・∀・)イイ!!
・・・てか、CD買っちゃおうかなw
posted by Sa at 01:41| Comment(6) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

「この愛は始まってもいない」


真心ブラザーズの"別れの歌三部作"シリーズの中の一曲。
「流れ星」と「橋の上で」も好きだけど、これの歌詞が特にきゅーーんとなる。
久し振りに聞くとやっぱり真心はいいなぁ(〃▽〃)

てか真心復活しないかなぁ…んでライブの時のへたな芸人よりオモロい二人のMC(やたら長いw)とか、アンプを踏み台にして助走つけてジャンプしまくる(時々着地に失敗してステージにごろごろ転がる)ヨーチとかがまた見たい。

ソロはソロでいいのかもしれないが私はやっぱり真心が好きだ。


追記:"別れの歌三部作"のPVは短編映画になっていてそれも凄く良いです(主演:永瀬正敏)。女の人より男の人の方が見るとグッとくるかも。

posted by Sa at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

真心COVERS

jacket9.1発売だったのにようやく今日買った私。ファンとしてはかなりヤバいf^-^;)
昔は前日入荷の店で(もちろん特典ありのとこを事前にチェックして)買ってたりしてたのに・・・今はこのありさま

あの頃あんなに好きだったのに どうしてどうして…♪ ってな感じです。

時代というのは流れていくものですねw。
現在見事にヨーチ(YO-KINGなんて呼んでやんないw)のソロやら、桜井さん(ヒデピーなんてもっと呼びませんw)のロゼッタの動向が掴めていません。
しいていうなら桜井さん、いとうせいこうさん、長嶋有さんのリレーコラムが面白くてチェックしてるくらいでしょうか。昔のブロスの連載同様、義太夫からあややまでw熱〜く語ってるのがおもろいです。

さて、肝心のCDは帰って来てザーっと一通り聞きました。
で、その結果原曲が聞きたくなって「GREAT ADVENTURE」聞いてます。「新しい夜明け」と「拝啓、ジョン・レノン」だけ聞くつもりがそのまま「S.B.T」まで行っちゃってますw。

でも別にハズレだったと言う訳ではなく、改めて真心の良さを感じたというか。
こんなにも色んな人に愛されてカヴァーされるっていうのはすごくステキなことだと思いました。
かなりカヴァーアルバムの中でも良いものだと思います。何たってメンツにハズレがない!
結構カヴァーとかトリビュートものって全体でみると良くても、
「この人のコレはなんか違うよなぁ…」
とか思うものがあったりするけど、今回はそれがなかった。

WEBの試聴で聴けなかったハルカリもいい感じに仕上がってたし、「も、もしや欣ちゃんがアレを歌うの…?」と、想像のつかなかったw)STONEも欣ちゃんが歌う事なくカッコいいインストになってたし、サンボマスターと清志郎のは見事に真心の手から(いい意味で)離れて、それぞれの色に染まってました。

でも一番良かったのはやっぱり…MB'sかなぁw
posted by Sa at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

祝★15周年!

真心ブラザーズ、デビュー15周年記念カヴァー・アルバムを発表。忌野清志郎、奥田民生、YUKI、HALCALIなどが参加 - bounce.com [ニュース]

今さらのニュースですが(笑)、真心キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!
カヴァーだけどもうメンツみた時点でかなりヒット!リリースのオフィシャルページで、ちょこっとだけ試聴ができたので聞いてみたが、なかなかイイ感じでますます楽しみになった(≧∇≦)b
民生の「空にまいあがれ」と、冨田ラボの「ENDLESS SUMMER NUDE」は試聴で聞いた感じかなり良かった。聞けなかった分で楽しみなのは清志郎とスカパラとハルカリ、あとロゼッタの「スタンダード3」(←セルフカヴァーじゃん!)とMB’sの「新しい夜明け」かな〜。でもそれよりもなによりも、15周年なんだから本人たちの復活を切にキボウ。だけど、多分無いんだろうなぁ・・・(´・ω・`)ショボーン
posted by Sa at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。