2010年04月30日

手をつなごう

さっきまで、今日返さなきゃいかん映画を観ていました。
それをパンパンに泣き腫らした赤い目で返しに行ってきたわけですが。。
照明が目にしみたぜw
○SUTAYAの照明が眩しいのなんのって。
しかも気まずいし、腫らした目で店員さんと目合わすの。

今日観たのは「ぐるりのこと。」という日本の映画。
リリー・フランキーさん演じる法廷画家の夫と、木村多江さん演じるしっかり者の妻の十年間を描いています。

学生時代からの付き合いである二人の間に出来た新しい命とその死によって、ある日妻は心を病んでしまう。
それを見守り続ける、マイペースで世間的にはダメダメな夫。
そんな二人の周りを囲む妻の実家の家族や、夫の仕事仲間。
会話の運びや演出の面白さもさることながら、
何といってもリリーさんの演技が自然でよかったです。

途中、心を病んでしまい、夫がこんな自分となぜ一緒に居続けるのかと不安を投げかける妻に夫が、
「好きだから一緒にいるんだ」と返すシーンや、

仕事仲間が夫に言った、
「大事なものがあるうちは 大事にしとけ」
というセリフが観ていて心に残りました。

今好きな人が近くにいたら、その手をつなぎたくなるような、そしてずっとつないでいたくなるような。
そんな暖かい気持ちになれる映画でした。

大事な人の、大きくて暖かい手。
その手がそばにあるうちは、大切にしていきたい。


あぁ、手つなぎたいなー。
posted by Sa at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。